« 仙石原のすすきとぼく | トップページ | 東京ミッドタウン、他 »

2015年12月 7日 (月)

塞翁が馬

20151207_0001
揺れるすすきの穂並み。 箱根町 仙石原。

20151207_0002
カラフルなアイツ。 レイクタウン。

20151207_0003
黒鳥(コクチョウ)。 ブラックスワン(暗黒聖闘士)と、言いたいお年頃。 水戸市 千波公園。

人生は常にオートセーブ
こんばんは。

幸か不幸か、立ち止まって振り返った時にしか答えは出ない。
走ってる最中に結果を示せってのは、無理ってもんだ。

週末天気が良かったりしましたが、
髪染めーの 病院行きーの お買い物してーの でおしまい。
箇条書きで2点。


■adidas AX2 GTX MID購入
TAKAO GTX MIDのアウトソールがひび割れてしまい、遠出遠足が厳しく。

日帰り低山くらいなら、このクラスのGTXスニーカーでもまぁOK。
岩ゴロゴロの険しい場所だと、簡単にオシャカになる弱っちい子ですが。
まぁ 全ての装備が「程々」なら、どこでもOK。 
何よりGTXと軽さは武器になる。
「ちょい郊外」なら最適なクツ。
ソフソールのいい感じのインソールとセットでポチ。


■水木しげる逝く
妖怪と言うヘンテコなものを具現化してくれた人でした。
自身の体験からか、「死とは? 幸福とは?」を考えさせる描写が多い。

「錬金術」で、丹角先生(ねずみ男)が、最後に三太に説く一説がある。

だけど錬金術からは
いつまでたっても 金は出なかったじゃないか

錬金術は 金を得ること ではなく
そのことによって 金では得られない希望を得ることにあるんだ

人生は それでいいんだ……………

この世の中に これは価値だと声を大にして
叫ぶに値することがあるかね
すべてがまやかし じゃないか

ストーリーテラーであるねずみ男の行いか、
怪奇愛好家のねずみ男が言っているたわ言か、
どうとでも取れるところがにくい。

全てのキャラクターが、好き勝手やってるような節がありました。
キャラクターが一人歩きしているような躍動感。
緻密に描きこまれた背景と、とぼけたタッチの登場キャラクターのギャップ。
フックが沢山仕込まれていたのです。

ご冥福を祈る…のはヘンかな。
もう新作が見られないのは、現世にいる人からすると大変残念です。


今週は忙しいですかねぇ
ちょっと分かりませんが、最近働き過ぎている傾向なので、
「明日にする」を、増やしてみようと思う。

|

« 仙石原のすすきとぼく | トップページ | 東京ミッドタウン、他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙石原のすすきとぼく | トップページ | 東京ミッドタウン、他 »