« 緑の森 | トップページ | フタホシテントウ »

2011年5月28日 (土)

Cinema 4DにフリーのCADソフトでコンバート

20110528_0001
「白模型」状態。 H2500で、超適当ライティングとオクルージョンを少々。 ディフォルト設定があるので2分。

20110528_0002
割りを変更できるのがNURBS曲線の最大の強み。 面の向き(法線)は要注意。

20110528_0004
フリーのCADソフト、Jw_cad。 速い、軽い、安定している、素晴らしいソフト。

20110528_0003
Jw_cad→.dxfで書き出し、ぽいっとコンバート。 位置はちゃんと書いてないと原点から離れちゃう。

仕事みたいすね
こんばんは。

ちょっと小真面目な話。

AutoCADやVectorWorksで書き出すと、ポリゴンがどうしても三角形に割れてしまう。
VectorWorks 2011なら、グレードによってCinema 4Dに飛ばせるが…
おそらく.stlファイルのように三角形に割れてしまうのだろう。
書き出すときのオプションがなかったので、四角形で取り出すのは不可っぽい。
ベジェ曲線はそのままエクスポートできる。

CADで書いた半円や記号は、機械的な形の場合が多いので、
細分化してあげればきれいに割れる、三角ポリゴンは四角形に変換しやすい。
しかし、一度ポリゴン化したものを、高さをなんちゃら開口がどうのこうのしていると、
時間も手間もかかる上に間違えやすい。
平面図か展開図から、どーんと作ってあげるのが間違えがなく正確だ。

CADソフトから3Dモデルを持ってくると、三角形に割れちゃう上に法線がめちゃくちゃ、
カーブも36分割とかポリポリのモデルになってしまう。
特にカーブや半円は致命的で、
CGソフト側でスムーズプロキシかけてもうまくかからない。
分割数がやたら増えて全くきれいにはならない。

どーーーーーーしても分割数を上げたいなら、
CADソフトの3Dモデルの時に細かく割ってあげる必要がある。
これはこれですごく面倒くさい。

つまり、ベジェ曲線のままCGソフトに平面図ごとぼーんと持ってくれば
良いのですな。
という、ちょっとした結論。

修正はNURBSのままで行い、
割りを細かくしたいところだけ、NURBSの分割数を増やしてあげればいい、
法線が気になるなら、本番レンダのまえにポリゴン化してあげればいい、
的な。

FormZでそのまま取り込めたので、Cinema 4Dでもできないかなぁと。
CADソフトが得意な人はまた違った理屈なんだろうけど、
CGソフトでレンダリングするなら法線と割りの問題は例外ではないはず。

建築CGやる人なら、Jw_cadは入れておいて損はないです。
久々に実用的なテストでした。

[cf.]
Jw_cadのページ

|

« 緑の森 | トップページ | フタホシテントウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑の森 | トップページ | フタホシテントウ »