« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の10件の記事

2010年12月31日 (金)

20年ぶりのロブスター

20101231_0001
2010/12/30 21:49 レッドロブスター。

20101231_0002
2010/12/30 20:29 パイレーツトリオ ¥1,980。 迷った人が困らないため仕様のセット。 パエリアまいうー

逆算するとそんくらい
おはようございます。

久々の家族水入らずのレッドロブスター。
「つか 俺が小学生の頃、1万円無料お食事券ゲットして以来じゃね?」みたいな。
よくまぁ20年間同じ場所にありましたなって話ですが。

なんやかんやでキチンと集まるのが難しいお年頃。
たまにはいいじゃん的な感じで。

とりあえずおいしゅうございました。
あ パエリアマジうまい、ランチで来ようと心に決めたのでした。

[cf.]
Red Lobster シーフードディナーレストラン レッドロブスター

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

Photoshopで遊ぼう! 油彩フィルタ編

20101230_0006
加工後。 1600x1200px。 オリジナルは3648x2736px PSDファイル 219MB。

20101230_0007
オリジナル。 表参道ですな。

20101230_0001
オリジナル。

20101230_0002
ぼかしガウス6px → レイヤ比較(暗)の上にぼかした画像をオーバーレイ60%で乗せる。

20101230_0003
調整レイヤ カラーバランス 色相彩度+57、レベル補正1.54、カラーバランス レッド+29。 あっ ビビット(笑)

20101230_0004
全選択後結合、パレットナイフ25、3、0。  同画像を覆い焼きカラーで明度を上げる。 白飛びするところは消す。

20101230_0005
全選択後結合、ソフトライト64%でコントラストを強くする。 はい!ミッションコンプリート!

Photoshopで遊ぼう!
おはようございます。

油彩っぽく仕上てみるレシピでございます。

方法はたくさんありますが、
要約するとコントラストを強く、原色を強く、
フィルタのパレットナイフを使えばそれっぽくなります。

拡大すると結構ジャギっていますが、
印刷するならどうせボケるので問題ないです。
モニタだけなら、サイズに合わせてぼかしておけば良いのですな。
ボケが強いと、パレットナイフ感が損なわれます。

今回、一番初めにレイヤ比較(暗)で輪郭を抽出して強調してみましたが、
パレットナイフのフィルタで
ぜーーーんぶ消えてなーーーんの効果も残りませんでした。

ま 写真加工は結果オーライです。

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

Quadro 4000に換装

20101229_0002
PC内部。 VGAクーラーはPCI Express 2.0 x16スロットに挿してある。 Quadro 4000は何気に1スロット占有。

20101229_0001
発熱のため、120mmファンとVGAクーラーを追加、グラボのファンを制御。 ケースのファンもMIDに。

GTS-250 → Quadro 4000に換装
こんにちは。

先日、Autodesk Visualization Contest 2010 審査員賞の副賞が届きました。
Quadro 4000でございます。
テン万円クラスのとても高価なグラフィックボードです。

Mayaや3dsMax等のCGやCAD用に作られた、
OpenGLに最適化されたグラフィックボードです。

リアルタイム演算やシュミレーションが高速で処理できる、というもの。
Autodeskのオフィシャルのアナウンスでは、Quadroを積めと書いてあります。
GeForce系は対象外ですが、ミドルアッパークラス(GTS-250 GTX-470)とか積んでも
普通にMayaは動きます。
ただし動作確認対象外ってこと。

同じく推奨されていないRadeon系ですが、一応動きます。
が、こちらのボードはGeForce系より固まったりパフォーマンスが悪かったり
あまりオススメではないです。

で、GTS-250から換装したのだが、ウワサ通り発熱がすごい高いグラボでした。
同条件下で使用した際、軽く70~80℃まで上がってしまう。

どうも動作温度は80~90℃にはなるらしいが、グラボの耐久性より
なんか他のパーツに支障が出そうなので、ファンを追加しました。

Quadro4000の性能は価格相応の素晴らしいもの。
何千万ポリゴンをぐりぐりやっても、処理落ちしない。
動かすとそこそこ重いですが、GTS-250とは感覚的に全然違う。
すごい!けど超熱い! 感じ。

まー
ファンが小3ピンしかついてないやつ買ってきて電源届かないわ、
サイドにつけたらフタ閉まらなくて後のケースファンと交換するわ、
うるさいから回転数をBIOSで制限するわ、
冷えないからグラボの回転数を制御するわ、
それでも冷えないからPCIスロットに挿すVGAクーラー買ってくるわ、
まー 色々大変でした。

最大でも50℃前後で推移、
グラボのファンは65℃で回転100%に設定。
NINE HundredのケースファンをLOW→MIDに変更。

うーむ
ファンノイズが大きくなってしまった。

-------------------------------------------------------------
[overdrive SPEC]

ケース : ANTEC NINE Hundred
電源 : アクティス AP-550GX 550W
背面ファン : SNE TBB1238W18DB (1250rpm 排気)
サイドファン : ANTEC NINE Hundred 120mmケースファン (排気)

OS : Windows Vista ultimate 64bit
マザーボード : ASUS P6T
CPU : Intel Core i7 920 2.66GHz (Bloomfield)
CPUクーラー : サイズ KABUTO SCKBT-1000

メモリ : CFD T3U1333Q-2G 3枚組み DDR3 2GB×6 = 12GB
グラフィックボード : NVIDIA Quadro 4000 VRAM 2GB
VGAクーラー : ainex ROCKET V RSF-03 (1800rpm)
サウンドカード : オンキョー SE-200PCI

HDD : Seagate ST31000528AS 1.0TB 7200rpm
HDD : Seagate ST31000341AS 1.5TB 7200rpm
光学ドライブ : LITEON IHAS324-32 x24 DVDドライブ

ディスプレイ : acer H243HAbmid 1920x1080px 24インチワイド
キーボード : ELECOM TK-UP09FWH
マウス : Logicool Mouse M500
アンプ&スピーカー : SONY DHC-MD717 (1997年製MDコンポ)

-------------------------------------------------------------

[cf.]
Quadro 4000

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

日本で一番高い屋上

20101228_0003
2010/12/26 16:35 六本木ヒルズ 森タワー スカイデッキ 新宿方面。

20101228_0002
2010/12/26 16:37 六本木ヒルズ 森タワー スカイデッキ 東京タワー。 ちょうど明かりが灯ったところ。

20101228_0001
2010/12/26 15:42 六本木ヒルズ 森タワー 展望台 目黒方面。

六本木ヒルズ 森タワー
海抜約270m
オープンエア形式展望台 で日本一の高さを誇る
こんにちは。

東京タワーを見下ろす高さ。
ごちゃごちゃした都心と、はるか彼方に見える箱根山脈、
海伝いにお台場~横浜がなんとなく見えます。

※寒いです

まーーー 圧巻です。
見渡す限りのビルに人がいて、仕事をしていると思うと
やっぱり東京は大都市なんですなぁ、という気になります。

[cf.]
海抜250mの東京観光 六本木ヒルズ大展望台 東京シティビュー

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

表参道通り

20101227_0001
2010/12/26 12:28 東京都道413号赤坂杉並線 明治神宮方面。通称「表参道通り」。

いわゆる「表参道通り」
こんにちは。

歩いていたら美容師の子に

「こんにちは!」 
「伸ばしてらっしゃいます? 切りがいありそうなんで切らせて下さい!」

と言われました。

すみませんねぇ 髪の毛多くて長くて。(笑)

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2010に行ってきた

20101226_0001
2010/12/25 14:32 「クイニーアマン」っていうパン。 ¥210 平たく言うと甘くておいしいパン。

20101226_0002
2010/12/25 16:55 写真は奥行き感が分らんけど、フォーラムの中庭が全部イルミネーション。

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2010に行ってきました
こんばんは。

クイニーアマン(パン)とクッキーを食す。
クイニーアマンは甘くて香ばしい感じ、クッキーは素朴でシンプルな家庭的な味。
んー うまい。

タルトやらありましたが、高かったので却下。
ちっちゃいツリーを意味なく買って帰る。

イルミネーションがとてもキレイでした。

[cf.]
ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2010

| | コメント (0)

2010年12月25日 (土)

メリークリスマス2010

20101225_0001
フェリシモ ハッピートイズプロジェクト。ぬいぐるみのモミの木。

メリークリスマス2010
こんばんは。

強いて言うなら国際フォーラムでやってた
「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2010」とかいうお祭りを
見に行けなかったのがちょい残念かな。

今日が終わればモミの木やら電飾は全撤去ですな。
イベントは始まるまでのドキドキとワクワクが一番楽しい。

[cf.]
フェリシモ お披露目展示会のおしらせ 東京・JR日暮里会場

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

君の目に映る色

20101223_0001
富士山。

20101223_0002
富士山。

要は見方によって結果が全然異なるということ
おはようございます。

連続で撮ってたみたい。
引いた柵の写真って必要あったんかいな?(笑)

掃除したついでに、ないと思って買ったSDHCメモリーカードが奥から出てきた。
まぁ いいや。

しっかし、メモリ関連はものすごく安くなったんですな。
DDR-3 2GB 3枚組みが¥6,000切っています。
倍以上の値段で増設したんだけどなー(笑)

DDR-3 4GBってのもチラホラ出ていますね。
LGA 1366は3枚組みで作用するので、
2枚組みは主にLGA 1156のi7 8xxx系かな?

同じ種類メモリを積めば問題なさそうだ。
マイマザーのP6Tは、最大積載量が24GBなのだが、
安定するとかしないとかなんか情報が錯綜している。
初期のLGA 1366マザーだから???

とかなんとか。

ちなみに、CGのレンダリングはCPUに依存するので
メモリ・グラボの性能は直接的に関係ないです。
編集時にスムーズに動くのが、グラボ>CPU>メモリ。

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

The Long and Wrong and Winding road

20101221_0001
クリスマス・オーナメント。

街はすっかりウェイティング・フォー・クリスマス(イヴ?)
こんばんは。

単純に、勝手に盛り上がってるこの雰囲気と時期が好き。
パーティとかイベントは楽しい。
雑貨が好きな自分にとって、見てるだけでも楽しい。
結局なんか買っちゃうんだけど

選択が正しいかどうかは、結局のところ結果論でしか分らないのです。
考えたところで、その時の自分にとってプラスかマイナスかは
また別次元の話になりますが。

さてさて。

| | コメント (0)

2010年12月13日 (月)

Autodesk Visualization Contest 2010 審査員賞 和田智賞受賞!

20101111_0002
mentalray 2400x3200px 25:12 HIGH ぼくのメカ Autodesk Visualization Contest 2010 審査員賞 和田智賞受賞

20101111_0002
mentalray 3200x2400px 41:07 HIGH ぞうのおやこ 参加作品

20101213_0001
2010/12/05 17:46 ぼくのメカ 赤坂サカス 会場にて。

20101213_0002
2010/12/07 17:46 ぞうのおやこ 赤坂サカス 会場にて。

20101213_0003
2010/12/07 17:48 赤坂サカス 会場を外から。

20101213_0004
「ぼくのメカ」のキャプチャ。 15万ポリゴン弱だが、ハイドされている分があるので、もうちょい少ない。

Autodesk Visualization Contest 2010 審査員賞 和田智賞受賞!
ありがとうございます
こんにちは。

仕事中に突然電話がかかってきて、
懇親会には行きたかったので予約していたのだが、
どうにもどうしても来て欲しい様子。

原宿でSuicaのチャージ中にも電話が、千代田線でも電話が。
そこで察したのが、「今日は何かもらえる気がする」。

ダッシュで会場に着き、反対側に着いたところで見つかり
早々に入り口を通され、
空いていた最前列の席、久保田アナウンサーのまん前に着席。
…と 、なにやら表彰式のはずが公演会になっている…???

久 「…さぁ そして! たった今到着されました タダさま?」
ス 「違います」
久 「ですよねー」

という取り留めのない会話の後、再三呼ばれた訳がついに判明。
なんと審査員賞を受賞しました。

遅刻してアワアワしながら二重のカバンを置き、授賞式のセンターに立った男は、
スカイブルーのジャージの上にターコイズブルーの2mのマフラーを巻き、
迷彩のハーフパンツに黒のレギンス、エンジニアブーツで武装した、
奇妙な男でした。




すんません




そして

20101213_0005

ありがとうございます。
世界的なデザイナーの和田さんの賞を受賞しました。

160点の応募した作品の中から、
この「メカ」から強いメッセージを受けたとの言葉を頂きました。
このメカ作った人に是非会ってみたいとも。(笑)

コンセプトというか、制作者の意図が評価されたのは、とてもうれしい。

もちろんビックリです。
正直、他の方の作品で作り方がよく分らんくらいクオリティが出ているもの、
スキルが自分より上なものはありました。

ごちゃごちゃ作ってくる人が多いだろうと思い、
かけられる時間もないので
「シンプルだけどなんかクオリティが高いもの」を目指しました。
というか、誰もやらないことを狙ってみた訳ですな。

ヘタクソな受賞者スピーチでも述べましたが、
CGはツールの1つに過ぎなく、
平たく言うと「ハサミ」とか、クリエイティブを作るための道具の1つということ。
何を作るか、根底に生み出す想像力がなければ、おもしろいものはできない。

今回は静止画だが、1カットにメッセージを入れることにより、
絵としての完成度が増します。

自分の場合は、
子供がカッコイイメカが欲しいのだけども、
おとーさんおかーさんにおもちゃを買ってもらえない、
友達が持っているのがうらやましい、とかいう背景があって、
「じゃぁ この基本色しかないブロックで自分オリジナルのメカを作ろう!」
というストーリーがあります。

なので、赤・青・白のトリコロールと目だけ緑という素朴さ。
アングルも子供の目線で見た感じに設定。

背景が真っ白なのは、ごちゃごちゃ入れると主人公メカが薄れてしまうのため。
まぁ レンダリングに時間がかかる、単に自分が嫌いという理由もありますが。

技術的には、miaシェーダーを使い、反射減衰を設定してあり、
離れれば離れるほど反射しなくなるマテリアル。
そこそこ重いマテリアル。
何もないところに、ポツンとメカがあるだけなので、反射感がでにくいのだが、
スペキュラとか適当にいじって立体感をキープ。
スカイライトは真っ白ではなく。70%くらいのライトグレー。
スカイライトで色を設定使用とすると、大体色がぶっ飛ぶ。
現実世界の周囲光より明るすぎるのでうまくいかないため。

レタッチは同じ画像をオーバーレイでちょこっと足してコントラストを強くしたぐらい。
そもそもレタッチはする気がなかったので、
レンダリングで完結できるクオリティまで持っていきました。
mental rayのFGのノイズが残っています。
これはなっかなか消せない。

形状自体の制作時間はブロック1つに30分とか。
実は割りも細かく割ってあり、
フェイス(面)にはベベルが1mmとか少ーーーしかかっています。
ベベルがないと、ブロックの割りが出てくれない。

ライティングは、FGベースで真上からエリアライト一発。
キーライトなし。
影の設定はそこそこ重いが、大きく出しても大丈夫じゃね?の早さ。

メカの形は、自分が子供の時に作っていた「最もカッコイイメカ」の1つ。
頭の中に形は入っているので、1時間とかそんなもん。
本来ならオプションで「ライフル」「でっかいサーベル」
「バックパック飛行ユニット」が付きます。(笑)

ふくらはぎとかの形状は強度を保つため、嫌でもあーいう形になります。
ここはブロックで遊んだ人なら分かるはず。

とかなんとか。

和田さんに間をつないでもらったことが、ダメダメ感でいっぱいです。

ヘラヘラした写真と、よく分らんインタビューがAutodeskのページに載るそうです。

来年も多分出展します。
お会いした方、お返事送れなくてすみません。
年の瀬、ようやく落ち着いたので、今週中に返信いたします。

授賞式でスコタローを見かけた方は分ると思いますが、
あんな感じの人です。
フランクっていうかヘラヘラです。
お酒には弱いです。

ではでは、そんなこんなでこれからもよろしくー。
よしなに。

[cf.]
Autodesk Visualization Contest 2010 | 受賞作品の発表
Autodesk Visualization Contest 2010 | Home
フカアオミドリ : 制作日記2010

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »