« そう、京都に行ってきた | トップページ | 京都大原 »

2010年9月12日 (日)

[HD] Short Trip in KYOTO 2010

20100912_0001
Premiere Elements 8のタイムライン。 Deleteで物を消すと、勝手にフレームが詰まる困ったちゃん仕様。

こんばんは。

Premiere Elements 8のYoutubeのHD対応ってのが気になっていたので、
HDサイズで無理矢理動画にしてみました。

しかしまぁ、なんとマシンパワーを必要とするソフトだこと。
「便利機能」のおかげで、余計にパワーを必要とする気がします。
ちなみにx32専用なので、x64との相性やメモリ制限もあるみたい。
キチンと動画を作りたい人は、迷わずAfter Effectsを買えってことですね。

ムービーがあってひっつけるくらいはさすがにできるのですが、
なんとも中途半端なソフト。
エントリーモデルのパソコンならまともに動かないでしょう。
x32 i5 メモリ4GB グラボ ローエンドで、快適とまではいかないけど使える感じ?
オンボードは多分イライラします。

Premiereを使ったことがある人は分かると思いますが、
フィルタはフェードアウトくらいしか使い物になりません。
(使うとだっさい上にチープ極まりない感じになる)

で、編集は変に大変、クオリティを挙げる要素は素材のみですが、
アップロードは至って親切、勝手にいい感じで圧縮して上げてくれます。

「HDで録画したのを編集なしで上げたい!」人にはオススメ。
編集能力はくっつけるだけ、
書き出しは、プリセットを追加すると任意のサイズで出力できます。
基本いじらない仕様。

中身ですが、Photoshopでいじって文字入れた静止画を
フェードインorフェードアウトで並べただけ。

もちろんPremiere Elements 8でも文字くらいは入れられますが、
ものすごーーーくイライラする気がしたのでしませんでした。

音楽作るのも面倒くさかったので、適当にアコギを録音して使いました。
進行コードは、1カポのAm-C-G-D、途中がFとF適当、
サビがF-G-Am 小指でOnGとか引っかけてあったりなかったり。
何てことはないあれな感じ。 
bpm=110。
クレジットはbpmすら測ってない、多分bpm=90くらい。

タグをたーくさん入れたので、
日本人じゃない人からなんかコメント来たら、とりあえず目標達成(笑)

映像やっている人なら当たり前の話ですが、
ピッタリの時間で作るとYoutubehは最後まで再生してくれないので
真っ黒を~5秒くらい入れた方が良いです。

|

« そう、京都に行ってきた | トップページ | 京都大原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そう、京都に行ってきた | トップページ | 京都大原 »