« 浦和の9番が清水に完全移籍 | トップページ | 携帯電池交換 »

2009年1月10日 (土)

mentalrayで遊ぼう! 14時間目

20090110_0001
今回はZバッファ(Z深度、被写界深度)で遊びます。 カメラの位置とオブジェクトはこんなので。

20090110_0002
mental ray 800x600px 00:48 元画像。 ライトはスカイライトとポイントライト(オムニ)の2つ。

20090110_0003
mental ray 800x600px 00:48 アルファチャンネル。

20090110_0003
mental ray 800x600px 00:19 Zバッファ。 設定は全部オート。 カメラから階調がついてしまうので…。

20090110_0005
mental ray 800x600px 00:19 Zバッファ。 R=255 B=255 B=255の範囲を増やした。

20090110_0006
赤いところがR=255 B=255 B=255。 白→黒でボケるため、ここはボケなくなりました。

20090110_0007
元画像とグレースケールを用意します。

20090110_0008
グレースケールをレイヤに載せます。 元ファイルはどっちでもいいです。 ちなみにレイヤは自分基本設定。

20090110_0009
グレースケールをつかんでコピー、新規アルファチャンネルを作成後、貼り付けます。 名前はZ深度。

20090110_0010
フィルタ→ぼかし→レンズ を選択。

20090110_0011
深度情報のソースを「Z深度」にします。 ぼかしの焦点距離の下のチェックボックスをONで反転します。

20090110_0012
半径の数値を適当にいじって完成。 数値を大きくすれば超ボケます。

20090110_0013
mental ray 800x600px 00:23 Sample=16 オクルージョン。 初期設定。 うわー きったなっ(笑)

20090110_0014
mental ray 800x600px 01:18 Sample=128 オクルージョン。 640×480pxフォーマットならOKかも。

20090110_0015
mental ray 800x600px 02:29 Sample=256 オクルージョン。 うむ。 OK。

20090110_0016
mental ray 800x600px 00:36 トゥーンレンダリング。 設定はそのままでアウトラインを取ったもの。

20090110_0017
mental ray 800x600px 00:37 トゥーンレンダリング。 遠くに行けば細くなる仕様。

20090110_0018
mental ray 800x600px 00:52 Ink'n Paintマテリアル。 mentalrayの機能でアウトラインを取っていない。

こんばんは。

今回はZバッファを取ってきて
Photoshop上で被写界深度を表現してみようというもの。

After EffectsならZバッファを含んだ.rlaファイルをもってきて
乗っけてどうのこうのする訳だが…
Photoshopでは読めないので、Zバッファのグレースケールを持ってきます。

早い話が
白(R=255 G=255 B=255)→黒(R=000 G=000 B=000)になるにつれ
ボケる設定を組むというもの。

で、
アルファチャンネルにグレースケールを放り込み
それをソースにぼかしをかける訳だ。

ただし、カメラから距離で階調がかかってしまうため、
手前もぼかしたいなぁとかいう場合は、
手前になるにつれ黒くなるアルファチャンネルが必要。

反転してどうのこうのすればできる気がします。

その下はオクルージョン、もう1つ下はトゥーンレンダリング。

mental rayでトゥーンレンダリングしようとしてみたが、
マテリアルがいくつかあって、ちょこちょこやらないと分からなかった。
うーん うまく境界線が取れてないですな。
オブジェクトが重なるとアウトラインが取れないので、
バラバラにして抽出すればOKかも。

3dsMaxには、Ink'n Paintマテリアルってのがあって、
設定が簡単だからこれでもいいじゃんと思った。

被写界深度は3dsMaxでも表現できます。
ただし、修正が効かない、つーか一発レンダリングは危険、
レンダリングにやたら時間がかかる、とか
デメリットしかないので、まず使用しません。

すぃかも、あんまりキレイにボケてくれないみたい。
After Effectsとか、レタッチに任せた方が全然良し。

[cf.]
フカアオミドリ : mentalrayで遊ぼう! 13時間目 (2008/11/13)
お手軽被写界深度-PhotoShopでの加工
エセ3ds MAX使い blog - 隠線消去コンタレンダリング -

|

« 浦和の9番が清水に完全移籍 | トップページ | 携帯電池交換 »

コメント

勉強になりました☆
昔からmental rayに興味があったのですが、
結局一度も触ったことなくて・・・

投稿: OTAS | 2009年1月10日 (土) 19時06分

OTASさん
こんばんは。

あぁ どうもありがとうございます。

動画を製作している訳ではないのでなんともなのですが、
他のGIレンダラーと比べて
とにかく設定が多い、面倒くさい、
重い、エラーが怖くて使えないという話をよく聞きます。

静止画なら重いのさえ我慢すれば、
遜色なく使えると思います。

ディフォルトのまま使おうとすると、
数値がほとんど使い物にならない、
「何のためのディフォルトやねん」という
なんだかなぁ、なレンダラーです。

投稿: スコタロー | 2009年1月10日 (土) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浦和の9番が清水に完全移籍 | トップページ | 携帯電池交換 »