« 秋雨空の下 | トップページ | Flying Aim High »

2008年11月16日 (日)

被写界深度でミニチュア風

20081116_0001
Photoshopでミニチュア風加工。

20081116_0003
都道413号線。 最大望遠200mm。 3648x2736px → 800x600pxへリサイズのみ。

20081116_0005
よくやるオーバレイの同画像を乗っけただけの、コントラス強化の簡単お手軽加工。

20081116_0002
トリミング前の最終画像。

20081116_0004
レイヤ。

なるほど
こんにちは。

Photoshopでミニチュア風に加工したのがちょい前に流行ったので、
トライしてみる。

と言っても「それ用」に撮った写真はないし、使えそうなのをチョイス。

なんやごちゃごちゃ書いてあるのは、
Googleで「ミニチュア 写真 加工」とか引いて頂くとして、
要点をばばーっと。

ミニチュア風…つまり
「被写界深度が浅くておもちゃっぽい配色の写真」のこと。

写真は望遠で撮影し、対象を絞った写真がそれっぽくなる。
クルマとか建物とか、高台から見下ろしたアングルがベスト。

加工は簡単。
画像を明るくキレイにちょいぼかして、
別レイヤで「ぼけマスク」作って焦点から外に向かってぼかす。
後は適当に模型を撮ってる感じで修正。

対象のマスクとか切ってあれこれするとか、
ゴミ取ったり描いたり消したりするのが良いと思われる。

ふーん
中々おもしろい。

加工が上手くいっているとはあんまり思えないけど、
「素材がないもん」という開き直りの方向で。

[cf.]
風景写真をミニチュア写真に加工するには - by StudioGraphics
PingMag -10枚の「小さな東京」
the bitter*girls

|

« 秋雨空の下 | トップページ | Flying Aim High »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋雨空の下 | トップページ | Flying Aim High »