« 会合:カメラ部(?) | トップページ | Snowman »

2008年11月 5日 (水)

Autodesk Visualization Contest 2008に参加&締切

20081105_0001
Autodesk Visualization Contest 2008登録画面。 design-viz.comメンバー「Viz会員」になったらしい。

20081105_0002
mentalray 3200x2400px 38:32 Bath Room。 もちろんレタッチだらけ。

20081105_0003
mentalray 3200x2400px 55:57 Bath Room - Toilet Seat -。 反射が多すぎる…。

20081105_0004
mentalray 3200x2400px 32:23 Bath Room - Chair -。 イスの質感がなぁ。

20081105_0005
mentalray 3200x2400px 21:27 展示会場のイスと机。 壁はカラーなしのバンプだけ。

20081105_0006
mentalray 3200x2400px 45:39 Chair × HUKAAOMIDORI。 スカイライトだけのレンダリング。

20081105_0007
ScanLine 3200x2400px 00:25 Bath Roomのワイヤフレーム。 床は一枚一枚貼ってある。

締切ったんだよ
こんばんは。

さて、
Autodesk Visualization Contest 2008が締め切られました。

詳細を。
バスルームにしたのは、
当初から時間がないのが分かってたので
オブジェクトを減らし、レンダリングとライティングで遊んで
それなりに絵としてできればいいんじゃないかと。

テクスチャも描く予定は無かったけど、
やっぱり味が無かったのでバーッと。

と、ここまでは前書きました。

ファイナルギャザーの個別の設定がよく分からず、
どーにもこうにも調整できずじまい。

ライトを調整ーの、マテリアルを調整ーの
レンダリングいじってレンダリングのくり返し。

ライティングですが、最初は影なしのポイントライト(オムニライト)で
全体の明るさを調整していましたが、
最終的には、mentalrayのライト・GIレンダリングに変更しています。

絵的にOKなら何でもいいです。(多分)

すごい心残りなのは、フォトリアルではなく、
逃げの汚し塗装のテクスチャを貼ったこと。

とりあえず汚しておけば、リアルはさておき「なんか良さげに見える」。

3200x2400pxでレンダリングしましたが、
恐らくファイナルギャザーのRayのサンプル数が少ないため、
なんかシミになったりもわっとしている箇所がある。

こんなん解決しようとしていたら、
レンダリング2時間とかかかってしまうわー。

バスタブはNURBSでごにょごにょして
これでもかってぐらいにポリゴンを割きました。

トイレは「仮に」作ったまま完成してしまった。
メッシュがやや荒いためか、反射がジャギっていた。

黒いイスの方は、テクスチャ無しです。
金属部分のもにょもにょだけバンプを貼っています。
こーいうのを作って欲しいんだろうなー。

今回初めてmentalrayでスカイライトを使ってみた。
今まで重くて敬遠していた訳だが…
これがすんばらしく良さげな影が出る。

スカイライトは、ファイナルギャザーの強さを間接的に変更できるので、
併用するとかなり使える…けど重いな。

「重くたっていい絵ができればいいじゃん!」
っていう訳にもいかないんだな。

まー
mentalrayのお話はまた今度。

あー
青山のカナダ大使館でうまいもん食いたかったー。

[cf.]
Autodesk Visualization Contest 2008
フカアオミドリ : Autodesk Visualization Contest 2008に参加 (2008/10/26)
フカアオミドリ : Autodesk Visualization Contest 2008がやって来た (2008/09/20)
フカアオミドリ : Autodesk Visualization Contest 2007 (2007/09/30)
フカアオミドリ : Autodesk Visualization Contest 2006に行ってきた (2006/07/21)

|

« 会合:カメラ部(?) | トップページ | Snowman »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会合:カメラ部(?) | トップページ | Snowman »