« Funny Days 2008 | トップページ | 鏡面の空 »

2008年9月 1日 (月)

生まれ育ちも葛飾柴又

20080901_0014
京成金町線 柴又駅。

20080901_0002
寅さんの像。1つだけすんごい文句があって、日中撮ると逆光で寅さん真っ黒になってしまうのだ。

20080901_0001
かき氷 ブルーハワイ ¥250。 今夏は食うタイミング逃してたので食す。ギリギリ夏休み。

20080901_0003
みたらし団子 ¥130。 「カリカリ」っの「モチモチ」っがうまい!

20080901_0012
揚げ団子 ¥140。 もちもちカリカリうまい! しょう油で甘っからく、きな粉の味がほんのり。

20080901_0004
寅さん記念館にて。1つの時代は確実に終わったんだなぁ、という感じ。感慨深い。

20080901_0005
撮影のセットがそのまま並べられている。

20080901_0006
「ひたいに汗して働きたい」 難癖つけて話が脱線している寅さん。

20080901_0007
模型があったり…。

20080901_0008
2階では寝てる寅さんが。

20080901_0010
なるほどー。

20080901_0009
あっははは!

20080901_0011
「大したもンだよカエルのションベン 見上げたモンだよ屋根ヤのふんどし」。 売り言葉に買い言葉。

20080901_0013
駅前の「たなかや」。ものすごい味があったので思わず写真に。

寄り道がてら寅さん記念館に行ってきました
こんばんは。

これが思いの他おもしろかった。
映画で笑ったことある人なら、是非見に行くべし。
みんなニヤニヤしている。
寅さんは幸せ者だ。

「昭和が終わったんだなぁー」
「そうかー」

というなんとも感慨深い思いでした。

懐古する訳ではないが、こういう映像は2度と作れ(ら)ないのだろう。
寅さんのおもしろさも、やがて風化してしまうのだろう。

時代には時代が求めたおもしろさがあって、
何世代にも受け入れられのはやはり難しい。

サイレント映画で活弁士に聞き入る感覚が分からないように、
100年経ったら昭和独特の感覚も、理解できなくなっているのだろう。

なんとも寂しい気もするけど
時が経つってそんなものなのと、考えいってしまった。

また来ます。

今週は旅に出てしばらく帰ってきたくないよ寅さん

[cf.]
寅さん記念館

|

« Funny Days 2008 | トップページ | 鏡面の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Funny Days 2008 | トップページ | 鏡面の空 »