« 今年もついにこの日が来た | トップページ | Dm-Badd9-C×2 »

2008年6月19日 (木)

mentalrayで遊ぼう! 8時間目

20080619_0001
GIジョーもどき。最大の欠点は、ディレクショナルライトのハイライトがあらゆる角度から入ってしまうこと。

20080619_0002
ファイナルギャザーとフォトンのためのmentalray。オムニが全天、ディレクショナルは影用。スポットは遊び。

20080619_0003
ScanLine 00:19 あれー なんか意外に時間がかかる。一見よさげだが、もちろん裏側は真っ黒だ。

20080619_0004
mentalray 00:18 FG+フォトン。FGせいで明るくなりすぎているので…

20080619_0005
mentalray 00:18 オムニの値を落とす。スペキュラが強烈に変だけど、実物は気にならんので無視。

20080619_0006
mentalray 00:26 以下Arch & Designマテリアルを適当にアサイン。

20080619_0007
mentalray 00:21 クロム。 あー デジハリの初っ端からこんなん作ってたな…。

20080619_0008
mentalray 00:20 ガラス。反射回数1、屈折は切ってあるからこんな風になる。

20080619_0009
mentalray 00:28 ガラス。他の設定はそのままで、反射と屈折だけ6に変更。

20080619_0010
mentalray 02:52 すりガラス。なんじゃこりゃー 激重やんけー。

20080619_0011
mentalray 00:30 ガラス+海(?)らしい。なんだかよう分からんな。(笑)

20080619_0012
mentalray 01:38 机。地面もArch & Designマテリアル。銀の部分は環境マッピング。

20080619_0013
ScanLine 00:29 ワイヤーフレームのレンダリング時間。アルファで引っぱりーの+反転。

1年半ぶりだよ
こんばんは。

どーしてこんなテストをしたかと言うと、
「3200×2400pxでmentalray使ってScanLineよりもかっちょいい絵作りたい」
「つか 俺もGIレンダラ使いたい」
というエゴより。

結果は、7分~8分。
まぁ ギリギリ許せる(使える)範囲。

FGは「低」より悪い設定、フォトンもあんまり飛ばしてないです。

唯一の自慢は、金属表現。
レイトレを切ってあるScanLineの設定のままなのだが、
環境マップにY軸方向にテクスチャをわざと伸ばして反射っぽい線を入れてあります。

本当なら反射させて金属っぽく見せるのだろうが、
そんなん表現してたらいつまで経っても終わらん。

ScanLineのアンチエイリアスがどーやってもキレイにならんとか、
やっぱり周囲光あった方が絶対良いとかも理由か。

ちなみにScanLineのマテリアルの設定では、
自己発光を強くして周囲光っぽくみせていたのだが、
なんと自己発光の値がFGの強度を左右するらしく、とんでもないことに。
mentalray用にマテリアルを作り直さねばね。

finalRenderとかV-Rayとか、速くて放り込めば一発レンダリングという代物があるので
使用料高い、設定多い、とにかく重いとか、散々なmentalrayですが、
一応GIレンダラだし、使いたいんだけどなー。

プレビュー用の設定は、「高速なんとか」にONが入っています。
すんごい汚いけど、なるほど速い。
マテリアルエディタが重くなるのは何とかならんのか。

この時間で机くらいの絵ができれば、とりあえず良いのです。

[cf.]
フカアオミドリ : GIもどき (2008/01/18)
フカアオミドリ : しかし mentalrayは つかえなかった! (2007/11/20)
フカアオミドリ : mentalrayで遊ぼう! 7時間目 (2006/12/09)
フカアオミドリ : テクスチャを貼る (2006/04/11)

|

« 今年もついにこの日が来た | トップページ | Dm-Badd9-C×2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もついにこの日が来た | トップページ | Dm-Badd9-C×2 »