« ベース完成とは行かず | トップページ | ビルを塗装中… »

2007年1月 9日 (火)

デジタルおんがく #4

昨日はACIDくんを使って色々試してみた。

コードF-C#-D#
・形式 mp3 128kbps
・時間 1:37
・サイズ 1.52MB

もちろん卒制の本編仕様を意識したもの。まだ途中。
アコギベースのゆるゆる音楽。
泣きコードが良い感じ。
自分の好きな音楽を作ってみたらこんな感じ。
うむ、悪くない。

「アコギのループなんかできんのかよー」と思いきや、これが中々違和感がない。
素材を切ったり貼ったりして「ジャカジャカ」を繰り出すのだ。

ただし、無理矢理キー(コード)を上げ下げしているので、
実際には弾けない音が出ていると思われる。


・形式 mp3 128kbps
・時間 0:30
・サイズ 0.48MB

冒頭で使おうと目論んでいる曲。
適当にそれっぽい素材を使いそれっぽい曲を作成。
ACIDくん様々な感じ。

ギターとドラム
・形式 mp3 128kbps
・時間 1:31
・サイズ 1.44MB

以前作成した「ACID打ち込みテスト #2」の改修版。
実はさほど時間がかかっていない。
基本が5時間くらい。
レイヤを駆使してボンボン楽器を追加した感が強い。

acid_0001_t
作成画面。
「ギターとドラム」の制作中。
Photoshopと同じくレイヤを駆使します。
ダイレクトかつ直感で作業できます。
簡単です。

いやー すごいね。
ものすごーーーく簡単なので、卒制の音楽でお悩みのそこのあなた!
ACIDくんを使ってみてはどうでしょう。
ダンス、テクノ、ハウス、ヒップホップ等のリズムがはっきりしているのは滅法強いね。
音素材が豊富なので、かなり何でもできます。

クラシックはほぼ作れません。(音素材がほとんどない)
ロックは組み合わせで作れますが、
AmonGとかAadd9とか微妙に違う音素材はないので、微妙なチェンジは不可。
また、「ソロが気に入らん!」という場合もあるので、編曲は可能だが作曲は難しい。

いずれにせよ、どんな曲を作るにしろ音素材次第といったところ。
作成方法は、「作る=作曲する」というより「音を自分の理想に近づける」ような感じ。

昨日は成人式。
なるほど焼肉屋でカウンターになる訳だ。(七輪が微~妙に遠い…)
過去の自分と照らし合わせたりする訳です。

「ビバリーヒルズ・コップ」に見入ってしまった。
やっぱりおもしろいなぁ。

もうちょいACIDくんを使ってみたいが…今日は素直に寝るとします。

[cf.]
フカアオミドリ: デジタルおんがく #2 (2007年1月5日)

|

« ベース完成とは行かず | トップページ | ビルを塗装中… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベース完成とは行かず | トップページ | ビルを塗装中… »