« マニピュレーター完成! | トップページ | アコギのテスト3 »

2006年12月11日 (月)

きれいなUVは好きですか?

一昨日に引き続き特段深い意味はございません。
ちゃっちゃっとマニピュレーターのUV展開を終わらすつもりだったが…

 UV展開終了
  ↓
 同一オブジェクトではないのでUVの大きさがまちまち
  ↓
 コンバインして一つのオブジェクトにしてUV展開しようとする
  ↓
 コンバインしたので、ピボットポイントが原点に
  ↓
 可動範囲がめちゃくちゃで再調整

という、とんでもない悪循環を繰り返すこと数時間。
UVが引っ付かない思ったら、マージしてなかったり。
どぅーーーやっても引っ付かないと思ったら法線が逆だったり。

と、ほぼセットアップのようなことをしておりました。

last_0092_t
再編集中のマニピュレーター。

こんなに時間をかけているのは、よく動くロボットなので。
特に人間の指と違い、関節と関節の間にさらに「関節」をはさむため
計6箇所別々に可動しなければならない。
これがまた面倒くさい…。
しかも第一関節は形状が少々異なるためピボットの位置も若干異なる。

で、ようやく親指の付け根以外再調整終了…。
「めり込まない」というのはやっぱり難しい。

つま先と足の甲も「ぐりん」と可動するのだが、まぁコツはつかんだぞ、と思いたい。

ところで今月号のCGワールドにロボットが載ってるから見てと言われたので
2Fで読んでみた…。

ロボットアニメのアクションについて書いてあった。
極端なパース構成における奥行きの表現、
ロボットアニメは歌舞伎バリの決め!ポーズの連続だ、などなど。
確かに言われてみりゃそんな気がする。
カッコイイ図は入れたいもんね。そりゃ。

ちなみに解説の後ろの方に書いてある
「剣を抜く とあるロボットアニメのオープニング」は、
ガンダムSEEDのオープニング、ソードストライクガンダムです。

22:30に帰る。

|

« マニピュレーター完成! | トップページ | アコギのテスト3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニピュレーター完成! | トップページ | アコギのテスト3 »