« UV展開しない展開 | トップページ | 温故知新に見る新進気鋭 »

2006年12月16日 (土)

実用可能なmentalrayの画像

last_0106_t
できているオブジェクトだけUV展開が終わった記念の
mentalrayのテスト。
0/2、0.05、ファイナルギャザーray100。
Draftからちょちょいと変更しただけだから、ヘボいところがあると思われる。
レンダリング時間2:30くらい。
メモリがいっぱいいっぱいだったから、キャプチャはできなかった。

テクスチャはカラーのみ、.tgaで512×512pxの768KB。
2色使用。

512pxだとアップは厳しいかな。手前が伸びている。
いいっちゃいいけど、やっぱり1024pxは欲しいか。

反射の反射とかがmentalray的。
ライトはディレクショナルと下にポイントライト。
共に影なし。

mentalrayのファイナルギャザーのいいところは、
あれこれ考えずガツンと反射光を設定してくれるところ。

last_0107_t
アップ。うん いいんじゃない。
Mayasoftwareなら1分以下。
うーん やっぱり重いね。

テクスチャは仮のもの。
これをベースに「汚し塗装」を加えたり解像度の高い/低いのに交換する訳ですな。

ちなみにアンビエントカラーやライトの効果が
Mayasoftwareとmentalrayでは異なる結果になる。
試してみれば分かります。

9:30に帰る。
そして今宵も…。

ぐーぐー。

|

« UV展開しない展開 | トップページ | 温故知新に見る新進気鋭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UV展開しない展開 | トップページ | 温故知新に見る新進気鋭 »