« プロファイル領域破損 | トップページ | 朝もやの奇襲作戦(WMV) »

2006年10月16日 (月)

ヒットアニメの作り方と

昨日はヒットアニメの作り方のセミナー(?)だった。
諏訪道彦氏(読売テレビエグゼクティブプロデューサー)と、
こだま兼嗣氏(「結界師」監督)を招いての公聴会。

「シティハンター」や「名探偵コナン」、「犬夜叉」を制作した強烈な2トップだ。(笑)
話の中身はアニメの現状と今後、現場の話…などなど。
2人とも冷静に市場を判断しているのが印象的だった。
おもしろい、興味深い話もあったのだが、それはまた今度。

少し宣伝しておくと、
結界師は1話と2話の総カット数が9,000枚と8,000枚で、
「ありえない規模のアニメ」とのこと。
通常30分のアニメは3,000~3,500カットで、「映画並み」の描写らしい。
見てね。(笑)

以下、グループワーク。

group10_0010_t
キューブの基本。
一応30パターン作りました。
コイツがテトリスのようにガッチリ合うかは、やってみないと分かりません。(笑)
地面にも空のテクスチャを貼ってあります。

group10_0011_t
こちらは実写の空の写真との合成テスト。
写真はPhotoshopで調整しています。

22:14に御茶ノ水を後にする。

|

« プロファイル領域破損 | トップページ | 朝もやの奇襲作戦(WMV) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロファイル領域破損 | トップページ | 朝もやの奇襲作戦(WMV) »