« 中間課題・講評会 | トップページ | 敵マシンの壁紙その2と… »

2006年10月 1日 (日)

敵マシンの壁紙その1

m789_0123_t
敵マシンの壁紙その1。1280×1024px。
何枚かあります。(笑)

Maya Softwareの被写界深度は、画像生成後に計算される。
被写界深度設定はあまり良いものではなく、
アンチエリアスが効いてるんだか効いていないんだか分からんが、
「ジャギーのような処理」をされることがある。
これはレンダーの仕様なので、ぼかすとか、
別個にレンダリングで後で合成とか手を加えてやらなければならない。
んが、動画にすると結構分からないらしい。
この静止画は、レイヤでぼかしを加えて加工したもの。

ただ今中間課題のデータを編集中…。
作品と言っても所詮は0と1の配列を書き換えただけのもの。
HDDが吹っ飛んでしまえば、はいそれまで、なのだ。
DVD・CDに何枚か焼いておこうと思う。
如何せん、20GBもあると何が何だか…。
要るのか要らないのかよく分からん。

中間課題でも「データが飛びました」という人がいたが、HDDはとても脆い。
簡単に吹っ飛ぶ代物だ。
かといってCDやDVDが信用おけるメディア、という訳でもない。
バックアップは小まめに取らないと駄目だ。

|

« 中間課題・講評会 | トップページ | 敵マシンの壁紙その2と… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中間課題・講評会 | トップページ | 敵マシンの壁紙その2と… »