« 一応6秒完成 | トップページ | 敵マシンのアニメーション »

2006年9月18日 (月)

できることとできないこと

10日を切った時点で、「新しいこと」は試せない。
「本当はやってみたかったけど、結果よく分からん」の1つを紹介。

被写界深度ぼけ。
「時間の経過とともにピントの対象が変化する」というもの。
カメラの設定なのだが…よく分からん。
どういうことかというと、例えばこんな感じ。

m789_0112
1秒1フレーム。
手前のロボットにピントが合っている。

m789_0113
3秒1フレーム。
奥のロボットにピントが合っている。

擬似的にペイントツールでぼかしたのだが、カメラをどう設定していいかよく分からん。
「焦点距離」にキーフレームが打てれば可能なのだが…。
アフターエフェクトで「擬似的に」はできそうだが…?

うーむ
カメラは奥が深い。

|

« 一応6秒完成 | トップページ | 敵マシンのアニメーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一応6秒完成 | トップページ | 敵マシンのアニメーション »