« ダイレクトボレーのアニメーション | トップページ | 2006年CG春本科・アニメーション小課題 »

2006年7月 6日 (木)

走って飛んでシュートで終わる

昨日はプレミアの授業と課題を進めた。
今すぐにでもプレミアは使ってみたいのだが、今はアニメーション課題で手一杯。
320×240pxだと、小さくてよく見えないということに気がつく。

kadai_02_0029

カメラアングルのテストその1(プレイブラスト)
・形式 avi
・時間 0:05
・サイズ 0.22MB

「320×240pxはこのくらいかなぁ」、とプレイブラストで確認。
(ビデオのサイズは241×171px)
意図したよりも更に一回り小さいが、
固定カメラではなくアップにしないと、小さくて何がなんだか分からない。

アニメーション課題の定義では「固定カメラを使用すること」となっているが、
これだと動きも何もよく見ない。
そこで、新たにカメラを作成、「コンストレイン・ポイント」で
カメラと人形を関連付けてみる。

kadai_02_0030

カメラアングルのテストその2(プレイブラスト)
・形式 avi
・時間 0:05
・サイズ 0.39MB

人形が動けば、カメラも水平方向(X軸、Z軸)のみ追随する。
固定カメラには違いない。

横からのアングルも撮ってみたが、
こんなプレーを真横から撮っている写真や映像をほとんど見たことがないので、
ものすごく違和感を感じた。

最初のカメラアングルも、「ゴールネットの後ろ・やや左より」という、
ありえないところにカメラが付いているので、少し違和感を覚える。
(カメラが付いているとしたら、普通は上の四隅の奥)

kadai_02_0029

ダイレクトボレーその2(プレイブラスト)
・形式 avi
・時間 0:04
・サイズ 0.69MB

昨日はここまで。まだ走り方に違和感を覚える。
この後反転して喜ぶ姿をAnimateするのだが、時間的に間に合うのか。
また、「トゥーンレンダリングでライトを作成したらジャギーの嵐問題」も
未だ解決しておらず、修正点は山ほどある。

kadai_02_0030
ちなみに320×240pxはこの大きさ。
640×480pxに対して、「ハーフサイズ」と呼ぶことがあるらしい。
余談だが、PS2(PlayStation2)の画面サイズは、640×480pxで作成されている。
それをハード側でキレイに引っ張ってあげているのだ。

kadai_01_0083_t
TIFFイメージ(room_before_dawn_0001.tif 3.46MB)
※注意! TIFFイメージのファイルサイズは3.46MBあります!

隣のマシンで1時間かけて1280×1024pxの壁紙を作成。まぁまぁの高画質。
更にハイクオリティの壁紙を作成しようとしたが、
3時間50分でリブートの時間がきてしまい、またもや完成できなかった。
今日こそは壁紙を完成させたいところ。
TIFFイメージは3.46MBありますので注意!
lzhやzip圧縮してもほとんど小さくならなかった。
そういう「ファイル形式」らしい。

昨日は23:51に帰る。
ポルトガル0-1フランス戦を見る予定だったが、力尽きて見事にスルー。
決勝戦は3時だから、大丈夫なはずだ。

|

« ダイレクトボレーのアニメーション | トップページ | 2006年CG春本科・アニメーション小課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52832/2521708

この記事へのトラックバック一覧です: 走って飛んでシュートで終わる:

« ダイレクトボレーのアニメーション | トップページ | 2006年CG春本科・アニメーション小課題 »