« 夜明けの部屋 | トップページ | アニメーション課題の展望と野望 »

2006年6月17日 (土)

2006年CG春本科・静止画小課題

今日はアニメーションの授業と課題のプレゼン。
プレゼンは「コンセプト」・「見て欲しいところ」・「直したいところ」の3点セット。

午前4:30からレンダリングしたのに9:00のリブート(強制再起動)に間に合わなかった。
間違いなくどこかの設定がおかしい。
思い当たる節はいくつかあるにはあったのだが、修正している時間もなし。
以下、箇条書きでずらずら~っと。

[コンセプト]
・舞台はヨーロッパの片田舎のアーティストのルームシェアのリビング。
・古い屋内とモダンなインテリアの対象比較。

[見て欲しいところ]
・「夜明けの部屋」
 ライティング・風になびくカーテンやフォグを使用した「空気」の表現。
 夜明けの幻想的な雰囲気。

・「本棚」
 ライティング・デスクスタンドの金属表現。
 2枚提出とのことで、「夜明けの部屋」と「本棚」の対照的なライティングカラー。

[直したいところ]
・オブジェクト(家具)そのものの数の少なさ。
・テクスチャの甘さ。
・モデリングの作りこみのなさ。
・「質」と「時間」の効率の悪さ。
・プレゼンのヘタクソさ。

kadai_01_0077
提出用課題の画像その1、「夜明けの部屋」。
提出したTIFFイメージ(2006_kadai_01_01.tif 871KB)

こちらは「本棚」と比べて時間があまりかかっていない。
「慣れてから作った」ので、特に大きな問題はなかった。
ほぼ自分のイメージを具現化できた。
ぱっと見ても、物の少なさとテクスチャが一番直したいところ。

kadai_01_0078
提出用課題の画像その2、「本棚」。
提出したTIFFイメージ(2006_kadai_01_02.tif 854KB)

大きさをちゃんと測って作成したので、バランスには絶対の自信がある。
本を大量に作ったはいいが、テクスチャで手間取り後回しで結局貼れなかった。
苦し紛れに貼った「本のページ」のテクスチャだけ。
しかも必要ない細かいモデリングを施したため、本でかなり重くなってしまった。

デスクライトはずい分前に作成したもの。
ディフューズにフラクタルをマッピングしてあるのがミソ。

2枚提出とのことで、表情の違うライティングのシーンを作成しました。
なお、Photoshop等で加工・修正は一切していません。
Maya Software Renderで出力したのみ。

kadai_01_0079
「天井の光と影の境目が変だ」と言われましたが、
実はこのカットに写っていないところで、ちゃんとライトは存在するのです。
ただ、はじめて見た人はそんなことは知らない訳で、
「1枚の画像に収める」という大切さを痛感しました。

効率の悪さは、仕方がない部分ではあるのだが、
手際よく作ることで自ずと質も向上する。まさに「慣れ」。

プレゼンのヘタクソさは、自分でも本当なんとかならんのかと思う。
説明できないって本当空しい。(笑)

色々試したので、課題に載っけていないオブジェクトも多数あります。

kadai_01_0080
16分もかかって意味なく作成した1280×1024の壁紙。
しかも影は粗い設定。
煮るなり焼くなりご自由にどうぞ。

15日の15:00頃一旦学校に到着、21:37に風呂のため一時帰宅、
16日24:00~授業を挟んで17:50まで入りびたり。

課題の打ち上げ後、21:00頃帰路に着く。

|

« 夜明けの部屋 | トップページ | アニメーション課題の展望と野望 »

コメント

おお、コメントできるようになったw
お疲れさまでした~
壁紙にできるレベルってのがいいねww
空気表現はとても凝ってますね~
早くも次回作が楽しみっす!

学校にも慣れてきたので、作曲もがんばるっす!

投稿: あみあみ | 2006年6月17日 (土) 15時53分

あみあみさん
こんにちは!

「空気」や「雰囲気」が伝わってくれれば本望です。
部屋の課題…というより色々試せたのが良かったですね。
モデリングとテクスチャ、手ぇ抜いたので次は地道に頑張ります。
昨日は半分寝てたので、コメント終了の設定になっていました。

オンガク、待ってますよ。(笑)

投稿: スコタロー | 2006年6月17日 (土) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52832/2252486

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年CG春本科・静止画小課題:

« 夜明けの部屋 | トップページ | アニメーション課題の展望と野望 »